データテクノロジーを利用してビジネスに役立てる

パソコンライフを充実させるトラブル改善方法とは

買い替えの必要性

hddは永遠のものではありません

hddの容量も以前に比べて1Tとなり膨大な動画が画像などもさくさく保存してくれるようになりました。hddの容量が大きくなったからこそメンテナンスをしっかりする必用があります。重要な記憶もそうでないものもしっかり記憶してくれるhddですが突如として故障してしまうことがあります。しかしそれは前兆がある場合がほとんどですので前兆を知っておくとデータの消失を防げる可能性は高くなります。現在ではメモリースティックなどのサブのhddの容量も16g、もっと容量もあるものも色んなメーカーから発売されています。1000円前後で購入できるものもありますので、大切なデータや画像などはhddのみならず故障したときにしまったとなる前にスペアを作っておきましょう。

これが故障の前兆です

スペアのメモリースティックなどに保存してあるから万が一故障しても大丈夫なようにしてあってもhddの故障は作業の遅れなど支障をきたします。hddがいつもより動きが遅いと感じたらパソコンの状態を確認しましょう。現在パソコンにはそのパソコンがどのような状態であるかをチェックする機能がついています。それから音がおかしいと思ったときにも要注意です。hddになんらかの異常がある場合、普段と違うモスキート音のような金属音がする場合があります。そんな場合は続行して使用するとダウンする可能性が高いのでいったん終了しましょう。またユーティリティソフトを利用して毎週hddがどのような状態か把握しておくのもおすすめの方法です。