データテクノロジーを利用してビジネスに役立てる

パソコンライフを充実させるトラブル改善方法とは

便利な管理方法

紙ベースの名刺管理は面倒で煩わしいもの

社会人にとって、名刺は年々たまる一方で減ることはありません。名刺が増えて来ると名刺フォルダーなどに保管することが多いですが、いざ連絡を取りたいときにすぐに取り出せないと意味がありません。そこで、探しやすいように順序よく整理しますが、その作業は結構大変で面倒なものです。また、折角整理したフォルダーも新たに名刺が増えると再整理が必要になることもあります。 そんな名刺管理の煩わしさを解消してくれるのが、スマートフォンを使った名刺のデータ化サービスです。無料で提供されるアプリをダウンロードするだけですぐに使えるようになります。しかし、簡単に使える反面セキュリティ面で不安を感じるのも事実です。万が一に備え最低でもパスワードの設定が出来るアプリを選びたいものです。また、アプリによっては登録出来る名刺の件数が制約されたりデータ化出来る項目が少ないものがあり、その制約を解除してフル機能で使いたい場合は利用料がかかりますので注意が必要です。

画像を送信するだけで自動でデータ化

スマートフォンの名刺管理アプリは、カメラで撮った名刺画像を送信するだけで自動的に名前や会社名などの項目をデータ化して管理出来るアプリです。画像はORC(光学式文字認識装置)機能により認識されデジタル化が行われます。しかし、カメラの精度にも左右され100%確実にデータ化されることはあまり期待出来ません。そこで、「人力ORC」つまりオペレーターが画像を見て文字を手入力すると言うケースもあります。人の手を借りた作業のために認識率は格段に上がりますが、名刺の枚数制限や処理時間がかかると言うデメリットがあります。 データ化された情報はPCでも閲覧可能です。アプリによっては、閲覧のみではなくPC上でのデータの修正が出来るものやデータからメール送信や通話が可能なものまであり、紙ベースの管理よりもはるかに利便性が向上します。