データテクノロジーを利用してビジネスに役立てる

パソコンライフを充実させるトラブル改善方法とは

  買い替えの必要性

hddと言えば、永遠に使えそうなイメージがありますが、大切なデータを無くさないためにも、定期的に買え替える必要があります。こまめにメンテナンスすることで故障にも気付きやすくなります。

  便利な管理方法

ビジネスの際、交換することが当たり前な名刺は、紙媒体になっているため保管方法に困る場合があります。そんな名刺もデータ化すれば、欲しい情報をすぐに把握しやすくなります。

  復旧のプロ

データは突然消えてしまうことがありますが、そういったときには諦めずに日本データテクノロジーに依頼しましょう。それによって一旦は消えてしまったデータも復旧する場合があります。

普段よく使うもの

複雑な施策の説明もシンプルで分かりやすくまとめます。JISQ9100の資料を作ってもらおう。高いノウハウを持っているスタッフが対応します。

ハードディスクを長く使う

パソコンが今では当たり前のものになり、hddも同様に当たり前に搭載されるものとなりました。hddは長期間使うことができますが、消耗品です。一つ当たりの寿命は数年です。しかし、それでも故障せずに長く使いたいと思うのが普通でしょう。  hddを長く使い続けるには熱と振動に大きく気をつけなければいけません。hddの温度は高すぎてもよくありませんが、低すぎてもよくありません。温度は30度前後が一番故障率が少なく、50度を超えると故障率は急激に上がります。hddの温度はフリーソフトなどで簡単に確認できるので上がりすぎていたらファンなどで風を当てて温度を下げましょう。振動は言うまでもないですが、パソコンを使用中には動かさないことです。防振のゴムなどを使うのもよいでしょう。

ハードディスクの注意点

他にも頻繁に電源を入れるのはよくありません。パソコンの多くのパーツは起動時に一番負荷が掛かります。消費電気も起動時が一番使うので、電気代にもよくありません。後で使いそうならそのまま電源を入れておいた方がよいです。  しかし、このようにhddの使用方法に気をつけても、故障を起こす可能性をゼロにすることはできません。hddによっては10年以上使われているものもありますが、それは明日壊れてもおかしくないということです。  できればraidなどでバックアップを取っておくのがいいです。また、hddの故障率は3年を目途に大きく上がります。hddを使っている人は3年経ったらいつ故障してもおかしくないと意識してバックアップを取ったり、hddを交換したりなどの対策を取っておくようにしましょう。

企業で注目されている

多くの企業が利用しているサービスにはデータセンターと呼ばれるものがあります。仕事で使うデータを保管してもらえるサービスのことで、トラブルに見舞われた場合でもデータのバックアップを取ることができます。

安心の提供

インターネットやアプリは、現在様々な悪質なものがあります。そのため自分自身で注意する必要があります。安心して使用出来るようにと、EMAという審査が行われています。それによって安全性の高いものを使用することが出来ます。